ニュース

【だれ就Style Summer号】2016年7月発行

紫陽花が美しい季節となりました。

今年も、本格的な夏が目前になってきました。

今回は【だれ就Style Summer号】を発行のご案内です。

 

岐阜事業所は、四周年となり、沢山の利用者さんが就労して行かれましたが、

その中で、ある就労された方についてお話ししたいと思います。

その方は、今も長期就労継続されていて、その企業ではなくてはならない存在になっています。

一番のことは、大きな声で挨拶ができることで、他の社員の模範となって居ます。

また、新しい業務にも、少しずつ挑戦されています。

就労前には体験実習をされて、自分の適性を確認されていました。

今の企業へは就労前提の見学、実習を経られて、確信をもって就労されました。

今も、年一度位の定着支援に入っていますが、とても好評価を頂いています。

見学や実習を経験せずに、

長期就労をされている方も見えますが、やはり継続率は下がります。

県の委託訓練や岐阜県就業・生活支援センターのチャレンジトレーニング等の

実習や、企業でのトライアル雇用などお試しできる制度があります。

制度をしっかり利用して確信を持って就労されることを薦めます。

レッツチャレンジですね。

 

【だれ就Style Summer号】主なラインナップはこちら

・第9回だれ就カップ ~フットサル大会~ 開催報告
・だれ就プログラム~マインドフルネス~のご紹介
・家族茶話会開催実績報告
・だれ就@尾張・岐阜 7月・8月・9月・10月 イベントスケジュール
・利用者のこえ

 

などなど内容盛りだくさんです。 ご一読頂ければ幸いです。

 

 

スライド1

スライド2

→だれ就スタイル Summer号はこちら

 

【★—————————————★】

だれでも就労支援センター@尾張・岐阜【精神障害・発達障害を持つ方の社会復帰支援・就労支援センター】

http://daresyu.vpcoms.co.jp/

『一方的に教える支援』ではなくて、
『一緒に考える支援』を意識し、知る・分かる・できる・習慣化するというステップに伴走し、【生き抜く力を育む】センターです。

天動説ではなく、地動説で。
自分がやりたい支援ではなくて、当事者の方の真のニーズを捉えて支援を提供する黒子・ファシリテーター・コーディネーターを目指す。
いつも皆様に伴走します。

ご相談・お問い合わせはこちら