ニュース

プログラム紹介【自己理解(疾病理解)】

こんにちは!だれでも就労支援センター@岐阜・尾張の畠中です。
いよいよ寒さも本格的になってきました。冬の近づきを肌で感じますね!冬の凛とした空気は好きですが、やっぱり外に出る事がおっくうになりがちです。

さて、
今回はだれでも就労支援センターで行っているプログラム(毎日の訓練)の一つ
【自己理解(疾病理解)】を紹介させていただきます。

今、本当に多種多様な疾病があります。
発達障がい、精神障がいなどに関しても様々な種類がありますし、個人で症状も異なります。このプログラムは、障がいについての知識を深めることだけではなく、ご自身が持っている特性を理解する場としても提供させていただいています。

プログラムでは、専門のスタッフが疾病についての講義を行うだけでなく、利用者さん同士で意見を交換し合ったり、話し合いをします。ご自身だけで特性や傾向を知るのは大変難しく、人と関わって初めて知ることだったり、出てくる悩みがあるかと思います。

もちろん疾病などのご自身のことを話したくないというお気持ちもあるかと思いますので、どこまで開示するかはご本人にお任せしています。

ご自身の疾病について理解を深め、同じ悩みを抱える方同士で、どんな症状が出ていてどんな対処法をしているかを共有し、ご自身の生活を少しでも安定させる事ができたらうれしく思います。

 

自己理解写真

 

次回はこの続きの【自己理解(ストレスマネジメント)】についてお伝えできたらなと思います。

ご相談・お問い合わせはこちら