ニュース

2/18(土)に第11回だれ就カップ バドミントン大会を開催しました。

はじめまして。だれでも就労支援センター@岐阜・尾張の野村です。

もう3月ですね!ちらほら梅の花も咲き始め、あちらこちらで春の声を聞き始めた頃でしょうか。

 

さて、2/18(土)に岐阜市民総合体育館にて、第11回だれ就カップ バドミントン大会が行われました。まだ2月の半ばで体育館の中も少々冷える中、総勢27名の方が参加されました。クジで決めたAからEの5チームに分かれて、11点先取(制限時間7分間切り上げ)方式で試合を行いました。現利用者さん、だれ就卒業生の皆さんやそのご家族、個人参加、岐阜若者サポートステーションさん、名古屋のビューズさん、金山のテリオスなど団体での参加もありました。プレーされた方も応援された方も真剣で、いろいろな方との交流を通してたくさんの笑顔を見ることができました。皆さん有意義な時間を過ごすことができたのではないでしょうか。

 

皆さんにご記入いただいたアンケートには「お茶やお菓子の差し入れがうれしかった」「スタッフがみんな笑顔で良かった」など好意的な意見があった一方、「会場の部屋の位置を明確にしてほしい」「着替えの部屋が欲しかった」などの貴重なご意見もいただきました。次回に活かせればと思っております。

 

バドミントン

 

だんだん暖かくなってきましたので、軽い運動をして寒い冬でこわばった体を伸ばしてはいかがでしょうか?

 

 

 

だれでも就労支援センターでは随時見学を受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

http://vpcoms.co.jp/daresyu/

 

ご相談・お問い合わせはこちら