「社会人経験のある発達障害特性をお持ちの方」への人材紹介サービスを開始します。

 2013年12月16日(月)より、障害者雇用のミスマッチを解消する「社会人経験のある発達障害特性をお持ちの方」に特化した人材紹介サービスを開始致します。

 

【サービス概要】

 本サービスでは、社会人経験が2年以上ある方を中心に専門のキャリアカウンセラーがキャリアカウンセリングを行い、発達障害特性や精神疾患があっても最良の転職・キャリアアップが実現できるよう伴走型の支援を致します。

※他人材紹介等とは違い、「ITや専門事務」と「障害者就労支援」の両方に精通したキャリアカウンセラーが担当致します。

 

【背景】

平成25年4月1日から「障害者の雇用促進等に関する法律」で、企業や国・地方自治体などの公共機関は、一定割合以上の障害者を雇用するよう義務づけられている「法定雇用率」が引き上げになりました。また、身体障害者・知的障害者のみの雇用義務が、今年6月に成立した改正障害者雇用促進法により、2018年4月から「精神障害者の雇用」にまで拡大されることになりました。(発達障害者は、精神障害者に含まれます。)しかし、この障害者法定雇用率を満たす企業は現在46.8%に留まっています。半数以上の企業がこの基準を満たせないままでいます。障害があっても、少しの配慮があれば、しっかりとスキルを活かして働いていくことができます。社会人経験もあり、スキルもある、そしてさらに上を目指したい、しかし障害への理解不足によって阻まれている人が多くいるのです。「このミスマッチングを解消したい」そんな思いからこのサービスを立ち上げました。

 

【ご利用の流れ】

①問い合わせ

 当プログラム参加ご希望の方は当サイトの【お問い合わせフォーム】の件名に【職業紹介サービス登録】希望と、ご連絡ください。登録面談の日程調整のご連絡を致します。

②仮登録面談(お電話)

 登録にあたりこれまでのご職歴等をお電話でお伺いし、どのような求人をご紹介できる可能性があるかをご案内致します。内容をふまえ、仮登録自体をキャンセルすることも可能です。

③本登録面談(対面)

 各種スキルのチェック・面談等を対面で行います。この時点で履歴書・職務経歴書等詳細情報を頂戴します。

④求人のご紹介(対面)

 ご経歴書を拝見させて頂き、該当する求人をご紹介致します。※紹介・就労を確約するものではございません。

 

【中心となる対象イメージ】※下記いずれかに該当する方

  ・システム開発実務経験1年以上ある方(言語問わず)

  ・ネットワーク設計・構築・運用実務経験が1年以上ある方

  ・Illustrator、Photoshopを用いての実務経験が1年以上ある方

  ・経理、人事、法務等の事務実務経験が1年以上ある方

 

【ご紹介事例及び求人のイメージ】

  ・SE/PGなどのシステム開発関係(Java、C等)

  ・ネットワーク設計構築・運用関係

  ・経理関係(簿記2級程度の実務)

  ・社会保険事務等人事、総務、法務の専門事務関係

  ・Illustrator、Photoshop等を活用したデザイン関係

 

 

▼本件についてのお問い合わせ先

—————————————————

(株)ビューポイントコミュニケーションズ

担当:柴山

TEL:052-733-0302

メール:info@vpcoms.co.jp

—————————————————